ご訪問ありがとうございます(*^^*)

16歳で難病・重症筋無力症を発症・寝たきり10年後、
その病が歯科のアマルガム水銀から発症していることを突き止め、
治療開始。それから4年後、2017年に
水銀アマルガム中毒による全身神経障害へ病名が変更。

現在、症状もなく元気に過ごしています^^

現在は、カウンセリング&レイキヒーリング(直接・遠隔)にて、
病・恋愛・夫婦・家族関係の改善へ向けての
人生のサポートを行っています(*^-^*)

レイキとカウンセリング合わせ技で
人生と向き合い幸せへ導きます(*^-^*)
親からの自立で悩みが消えるとは?

「ふわわ」では、人生の紐解き方法を取り入れています。
人生の紐解き方法とは?
カウンセリング&レイキヒーリング(直接・遠隔)の詳細は
癒しサロン「ふわわ」HPにて記載しています✨


カウンセリング&レイキヒーリング(直接・遠隔)受付中です
**
【基本的な流れのご説明】
お問合せ✉

あきからの返信

日時とメニュー決定!
**
●私、あきからのお返事が1週間経ってもこない場合、
迷惑メールに入っている可能性があります。
その場合は、迷惑メール解除を行い、再度ご連絡ください🎀



1回ずつのメニュー
レイキサポートメニューあります。
そのほか
病鑑定1回(病の意味を知りたい方へ)
人生鑑定(人生の転機を迎えたい方へ)
家系鑑定(家系の問題を紐解きたい方へ)
土地鑑定(土地のトラブルから解放されたい方へ)

始めました。ご希望の方はご連絡ください(*^-^*)
カウンセリング&レイキヒーリング(直接・遠隔)
お申込みフォーム

あなたとの出会いをお待ちしております

2020年01月15日

『視えるようになりたい方へー私流です。−』

おはようございます(#^^#)

いつも「あきごころ」を読んで下さり、
ありがとうございますm(_ _"m)(#^^#)

今日の更新の記事は、、
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」

からの転載記事です。


人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
では、
ご購読頂いて読める記事なので、
こちらのブログでの更新は控えていますが、

もし、私がいつかこの世を去って、、
(長生きする予定なので、心配しないでくださいね^^
年を重ねても記事を書いていきたい、という
思いがあります)

この
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
が消えてしまったら、、、
私が伝えたかった、人生の法則が
何事もなかったかのように、、消えてしまう。
どうしたらいいか、、と思うようになりました。

ご購読頂いて読むブログなので、
私が更新を止め解約すると、
これまでの更新記事は全て消えていきます。


こちらのブログは、
商業用OKで無料ブログを使っています。

私が無料ブログを使ったのは、
この会社さんが存在する限り、
私の更新が止まっても文字が残るかも
しれないという思いから、使っていました。


毎日紡いでいく言葉、
幸せになる法則をより多くの人が
多くの時間読めるようにしていきたい、
というのが私の夢なのです^^

文字や紡いだ言葉がながーーーく
遺ってほしいと思っています。


そこで考え着いたのが、、
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
の記事を
「あきごころ」へ転載することでした。

ただし、、、やはり
ご購読頂いている方が優先なので、
全ての記事は転載していきません。

全文、全記事を読みたい方は是非、
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
をご購読ください(*^-^*)




本日の転載記事は(#^^#)
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
にて 2019年11月 に更新されています。


『視えるようになりたい方へー私流です。−』



おはようございます(*^-^*)

さぁ!今日は
ワーク記事を書いてみたいと思います(*^-^*)

先週、霊感について書いたのですが、
その続きで、視えるようになりたいなぁ、、、。
という方からのメールも頂くので、
私流ですが、書いてみようと思いました(^^♪


それでは、本日の記事!

『視えるようになりたい方へー私流です。−』

スタートですヾ(*´∀`*)ノ♪



⇩⇩⇩

視えるようになる方法を書く前に、
何度も書きますが、

霊の世界は、言葉より実践。
この世をどう生きて、どう成長したのか。
が重要です。
どう生きて、どう成長したのか
で還れる場所が決まってくるので、
困難から逃げてる暇はありません。
自分の還る場所、仲間の場所、
魂の質が毎日、毎秒、問われています。
成長していくしかないんです^^

視える人も視えない人も、学びは同じ!!
この世で生き抜き、成長すること!
なんら変わりはありません(*^-^*)

この世は、
視える人はすごいのでなく、
視えても視えなくても、
困難に打ち勝ちながら成長し、
人生を向上させて、魂を向上させている
方がすごいんです(*^-^*)

これだけは忘れないでいてくださいね!




それでは、私流ですが、
視えるようになる方法を
書いてみたいと思います(*^-^*)
あ、全ての人が視えるようになるわけでは
ありません(;^_^A
ご了承くださいm(_ _"m)


私は、小さい頃、霊感はなんとなーーく
薄くありましたが、
最初から視える人だったわけではなく、
闘病によって視えるようになった人です。


そして、
最初から霊界のことを
知っていたのではなく、
霊界の方とお話しながら、
知識を増やしていきました。


今でも、問題が難しくて
判断がわからないときは、
霊界の方に聞いて判断することも
あります。

もちろん、自分流に意見をまとめてから
お客様へは伝えています(*^-^*)



私が最初に視えたきっかけは、
命が消えそうになったとき、、
食事も摂れずに衰弱していた頃です。
もう何か月も、ろくに食事が摂れていなくて、
31キロほどの体重でした。
寝たきりの生活で、痛みや苦痛に耐える日々でした。

意識ももうろうとする中、
部屋にいると毎日、
おばあちゃんが通るんです。
その姿を見るようになっていました。

でも、全く怖くはなくて、
「仲間?」ってくらいしか
思っていませんでした(;^_^A
話かけることもありませんでした。


その数日後、意識不明になり、
幽体離脱を体験しました。
その時、初めて霊体があること、
あの世がある!
ということを実感しました。

肉体は重いことも知りました(;^_^A

この世に戻ってきて、回復していくと、
起きたまま、幽霊を見るということは
なかったのですが、

痛みや眠さでうつろうつろしている時に、
意識不明のときに、私に手招きしていた
おばあちゃんが現れて「おいで、おいで」
と繰り返す夢を何度も視るようになりました。

私は、なんとなく、
このままじゃ引きずり込まれる。
引きずり込まれたら死んじゃうんだ。
と思いました。


自分の意識も精神も弱く、
このままじゃダメだと思ったので、
そう思った日から、眠るときは意識して
あの世の綺麗な景色をイメージするように
しました。
とにかく、あのおばあちゃんの手招きだけは
嫌だったのです(;^_^A

感覚ですが、なんとなく
波長を変えたら会わないかもしれない!
と思いつきました^^

でも、今思うと、その方法が良かったのかなと
思ったりしています(*^-^*)


あの世の気持ち良い風景のなかで
自分がリラックスして、
上からは黄金の光が自分に降り注がれている
イメージをひたすらしていました。

黄金の光が自分の体を癒し、
治しているとイメージしたのです。


そのうちに、上からは黄金色の光、
自分の体を通って、下からは
体からの疲れや病が黒や灰色の
汚い色が流れいるイメージに
変わっていきました。


その頃は、また
部屋を通るおばあちゃんが視えたり、
街中を歩く霊も視えたりしていたのですが、、


自分の体から出る黒や灰色の色が
薄くなってくるくらいから、
そのような霊を見なくなりました。

霊を見ないことで、
とても日々が快適になりました(^^♪

気持ち悪い光景や嫌な感情を
感じなくてよくなったからです(*^-^*)

その頃から、
黄金のイメージをした後、
自分のイメージする天使や仙人、
守護霊をイメージするようになり、
仙人とは会話してみたりしました^^


はじめの頃は全くうまくいかなくて、
これはただのイメージなんだな。
と思っていたのですが、
あるとき、

黄金色の上空から、
額にほくろのある大きな存在の
大きな手が私の額に手を置き、
「人のために命を使いなさい。
そうすれば、赤子を2人授かる。」
と言い消えていきました。

手が離れた瞬間、目を開け、
夢じゃない、なんとも言えない
幸せな気持ちになりました。

「人のために命を使う・・」
その日から考えた結果、
数か月後、寝たきりのままから、
ブログを更新していくことを思いつき、
言葉配達人あきが誕生しました。

それから毎日、携帯からブログを更新しました。
どんなに具合が悪くても1日1記事、
プラスな言葉を更新する!
と決め、更新し続け、
その日から、黄金色に囲まれるイメージと、
仙人や守護霊と話すことも日課にしました。


しばらくすると、仙人が、
部屋にいるおばあちゃんと話す方法を
お知らせしてくれました。

「まさかね」と思いつつ、
やってみると、いったん視えなかった、
おばあちゃんがはっきり見えて、
会話出来ました。
仙人に言われたように話をすると、
その日から、私の部屋におばあちゃん霊が
来なくなりました。


その頃から、
道や部屋で突然、幽霊を見ることはなく、
霊とお話が出来るようになりました(*^-^*)

次第に、
頼まれたら視える。説得する。
ということが出来るようになりました。
自分の霊感を調整出来るようになったのです(*^-^*)


私は、このような手順で
あの世の世界とコンタクトを取れる
ようになりました。
もちろん、何度も練習はしました(*^-^*)

なので、私は
自分が特別だとは思っていなんです。
長い間続けて、
黄金色の世界をイメージし続け、
会話を続けてみた、、結果、
道や部屋に潜んでいる霊に
合うことはなくなり、
守護霊や仙人など、霊の世界で
アドバイスを下さる方との
コンタクトを取れるようになりました(^^♪


なのできっと、
今、霊感が全くないという方も、
出来るようになる可能性があると思います(*^-^*)


ただし、霊界を知るということは、
波長の低い霊もいることも承知して、
常に高次元にいる霊とコンタクトを取れる
自分になならなければ、
霊に振り回されてしまう、、、かなと思いますので、
そこらへんは十分に注意してくださいね(*^-^*)


そこで、
霊とコンタクトを取りたい、視たい!
という方は、必ず黄金色に包まれた自分を
イメージし続けることを忘れないように
することで、高次元の波長に合う
自分に変化していくと思うのです^^

私は、たまたま病があり、
あの世であいたくないおばあちゃんに
手招きされたことで、
偶然にも、守護霊や仙人と会話できる
術を知りました^^

現在、無暗に霊を見ていたときより、
とても楽に生きられます(*^-^*)

視たいなぁ!コンタクト取ってみたいなぁ!
という方は、気が向いたら、
手順を間違えないように、
挑戦してみてくださいね(^_-)-☆



まとめです^^
@あの世の心地良い空間で、
黄金色に囲まれている自分をイメージする。

Aあの世の心地良い空間で、
黄金色に囲まれている自分から、
上からは黄金色、自分の体を通して、
嫌な気持ちや病気が流れていくイメージをする。


B自分の精神が落ち着いてきたら、
仙人や守護霊と会話を試みる。

Cうまく会話できるようになったら、
除霊の方法や人生のヒントをもらってみる。

⇒実践してみる。
人それぞれ違うと思いますので、
聞いて実践してみてください(*^-^*)
続けることが大事です(*^-^*)


Dあの世の心地良い空間で、
黄金色に囲まれている自分をイメージする
ことを続ける。

以上です(*^-^*)

やってみてくださいね(^_-)-☆
今日もなんだかんだ長文になったかな?^^

こんな記事もたまには良いかも
しれないですね(*^-^*)
また機会をみて更新していきたいと
思います(*^-^*)

また来週も楽しみにして頂けると
嬉しいです♪

それでは!!
またね〜〜〜(^.^)/~~~♪

今日も最後まで読んで下さり、
ありがとうございました!!!m(_ _"m)(#^^#)





ブログ2の11月の記事を
今月も2記事更新したいのですが、、、
今月は、こちらで更新できない記事が多いので、
1つの記事の更新になりますm(_ _"m)


続きを読みたい方は
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
の2019年9月をご購読ください。




今月の記事は??こちら(#^^#)↓





それでは!また更新していきます(#^^#)

posted by 言葉配達人あき at 04:00| ブログ2からの転載記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

『母が自殺しちゃった!どうなるの・・・。』

おはようございます(#^^#)

いつも「あきごころ」を読んで下さり、
ありがとうございますm(_ _"m)(#^^#)

今日の更新の記事は、、
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」

からの転載記事です。


人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
では、
ご購読頂いて読める記事なので、
こちらのブログでの更新は控えていますが、

もし、私がいつかこの世を去って、、
(長生きする予定なので、心配しないでくださいね^^
年を重ねても記事を書いていきたい、という
思いがあります)

この
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
が消えてしまったら、、、
私が伝えたかった、人生の法則が
何事もなかったかのように、、消えてしまう。
どうしたらいいか、、と思うようになりました。

ご購読頂いて読むブログなので、
私が更新を止め解約すると、
これまでの更新記事は全て消えていきます。


こちらのブログは、
商業用OKで無料ブログを使っています。

私が無料ブログを使ったのは、
この会社さんが存在する限り、
私の更新が止まっても文字が残るかも
しれないという思いから、使っていました。


毎日紡いでいく言葉、
幸せになる法則をより多くの人が
多くの時間読めるようにしていきたい、
というのが私の夢なのです^^

文字や紡いだ言葉がながーーーく
遺ってほしいと思っています。


そこで考え着いたのが、、
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
の記事を
「あきごころ」へ転載することでした。

ただし、、、やはり
ご購読頂いている方が優先なので、
全ての記事は転載していきません。

全文、全記事を読みたい方は是非、
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
をご購読ください(*^-^*)




本日の転載記事は(#^^#)
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
にて 2019年10月 に更新されています。


『母が自殺しちゃった!どうなるの・・・。』



ある方からメールを頂きました。
Aさんとします。

「初めまして。
いつもブログやエッセイブログを拝読しています。
いつも通り読者でいようと思いましたが、
どうしても聞いてみたくて、メールしました。

母のことです。
昨年、母に末期のガンが見つかりました。
平然と過ごしていたので、大丈夫かと思っていました。
手術をする手立てもなく、対処療法だったのですが、、
今年に入り、突然、自殺しちゃいました。
母は死後の世界で苦しんでいるのでしょうか。

子どもの気持ちとしては、
もうすぐ寿命だったのだから、
許してもらってほしいです。
突然のご連絡で申し訳ありませんが、
どうしても聞いてみたくてメールしました。
よろしくお願い致します」



皆さんは、どう感じますか。



それでは、お返事です。




いろんなことを書くより、
死後の世界のことを書くことが伝わりやすいかなと
思いましたので、
死後の世界のことを書いてみたいと思います(*^-^*)



死後の世界では、
寿命がたった、あと1日でも、
その前に自殺してしまったら、
自殺の世界に逝きます。

Aさんには申し訳ありませんが、、
もうすぐ寿命だったから、
素晴らしい世界へ逝くよ。とは
お返事出来ません。
ごめんなさいね。


特攻隊などのように、
命じられて逝くことは、
自殺の部類には入らないことが
多いです。


そして、
以前に聞かれたことがあるのですが、
「尊厳死はどうなの?」

尊厳死は、、実は自殺です。

私たちには、偶然はなくて、
生まれる日も時間も、
亡くなる日も時間も、
生まれる前にだいたい決められています。

あちらの世界へ還るときには、
還ります。

病を何のために発症し、
最期を迎えるのか、
自分で計画しています。

自分で計画してきた人生の最終章を迎えず、
人生を終えることは、
分かりやすく例えると、、

フルマラソンを走ろうと、
何日も練習を重ね、
ペース配分も考え、
休憩に使う箇所、
一生懸命走る箇所、
そして、
ゴールでの感動!
を計画して、

ゴールで感動して、涙して、
「辛かったけど、、足も体も痛かったけど、
終わってみたら最高だったヾ(*´∀`*)ノ」

とマラソンを堪能するつもりが、
41キロ地点にきて、
ゴールも見えているけど、
「もうやめた」
と終わってしまうことと似ている
ような気がします。

その時は、辛さから解放されるかもしれませんが、
時間が経ち、足の痛みも、体の痛みも癒えていくと、
「何故、あと少しなのに、走り切らなかったのだろう・・」
「何故、あと少しなのに、頑張れなかったのだろう・・・」
「自分で走ると計画して、あんなに頑張ったのに」
「ゴールテープを切っていたら、こんなに悔しくなかったのに」
「何故、逃げたのだろう」


と後悔の念が押し寄せます。
後悔しながら、横では、
走り切った方たちが爽やかに、
「楽しかった〜!」
「また走りたいね〜!」
「最後、きつかったけどゴールしたら、
最高だった!!」
などと言いながら、
達成感に湧いているかもしれません。


死後の世界も同じなんです。
もうすぐゴールなのに、自分で終えちゃった。
亡くなったあとに、後悔が襲います。
その後悔は、寿命を迎えるはずだった日々で
苦しい!と感じるはずだった日々とは
比べ物にならないくらい、苦しい念です。


自殺後、亡くなると、
自分の人生で計画していたことを
思い出します。

もしかすると、最後の病で
「子孫に命を伝える」
という役目があるかもしれません。

そうした場合、
命を伝えるどころか、
自分を迎え入れてくれた家系に、
「自殺」というカルマを残してしまいました。

「自殺」をしてしまった場合、
ご先祖様は迎えにはきません。
「自殺」というカルマを残した子孫が出てしまい、
自分たちもレベルを下げて反省しなければ
ならなくなります。
迎えに行く余裕などなくなってしまいます。

さらに、
「自殺」というカルマが後世に引き継がれ、
子や孫、ひ孫が自殺してしまうと、
その魂が成仏するまで、自分も成仏が出来ません。
自分で蒔いた種は自分で刈り取るのです。


もし、最後の病で、
「自分の負を刈り取る」という役目があったとしたら、
その負を刈り取らずに、亡くなっているので、
こちらも後世に負が回ります。

自殺しているので、ご先祖様は迎えにはこれません。
自分で人生を終えてしまった後悔の念を抱きながら、
子や子孫が、自分の作ってしまった負を背負い、
人生の歯車が狂ってしまう様子を
見て行かなければなりません。

さらに、
「自殺」というカルマが後世に引き継がれ、
子や孫、ひ孫が自殺してしまうと、
その魂が成仏するまで、自分も成仏が出来ません。


無事に寿命を迎えていたら、
「よく頑張りました!!」
「生きて良かった!」
「頑張った!」
と気持ちも穏やかに成仏へ進めるのですが、、

寿命の1日前に自殺してしまったとしたら、
ほんと悔やみくれないです。

たった1日の寿命の違いで、
成仏までの時間が100年ほど違うこともあります。
その間苦しみ続けます。


でも、もし、そうなったとしたら、、
ですよね。
Aさんのお母様も自殺してしまいました。
その場合は、
Aさん自身が自分の人生をしっかり生きて、
子どもたちにも、しっかり寿命がくるまで
生きることを伝えることです。

親族の自殺から、
その連鎖が起こらなければ、
自殺した方も、後悔の念が終われば、
成仏の道へ進めます。

その時には、
自分の撒いたカルマを繰り返さなかった
子や孫に感謝しながら、成仏されると思います。

自殺した魂を救うのは、
身内のそういった生き様しか在りません。


だから、、
Aさんにも頑張って生き抜いてほしいんです。
お母様の後悔の念を背負い過ぎずに、
お母様はお母様で、きっと反省して、
成仏していく!!!!と信じ、
苦しいことから絶対に逃げない。
生き抜く!
寿命を受け入れる。
ことをやり抜いてほしいなと思います(*^-^*)

AさんやAさんのお子さん、お孫さんたちの生き様が
お母様の魂を救い上げます(*^-^*)


そして、いつか、
とても後悔した人生をやり直すため、
生まれ変わります(*^-^*)

その時には、きっと、
後悔を払拭するため、
ほぼ同じ人生を組み立てます。

そして、最後の時、
思いっきり悩むのです。

ガンだ、、、。怖い。
どう死んでいくのかな。
痛いのかな・・・。

でも、、生きよう!
最期まで!!!

と、思いを奮い立たせ生き抜く
ことでしょう(*^-^*)

その時には、やっと
人生の達成感を味わい、
寿命の素晴らしさ、
人生の素晴らしさを感じます(#^^#)


自殺しても、地獄という世界は
在りません。
でも、後悔の念に浸る世界はあります。

意味もなく地獄の世界に住むことになるのではなく、
後悔の念を感じ続ける世界が地獄に似ているのです。

地獄はないので、、、Aさん、ご安心ください。
あとは、Aさんが生き抜くのみ!!!です。
頑張ってくださいね(*^-^*)



と言うことで、今日は
自殺について、、しかも、
病が発覚した後の自殺について、
書いてみました。

一部、怖くなってしまうような
表現もあったと思いますが、

皆、間違いはあります。
自殺しちゃうことも、、
病が怖いこともありますよね。

みんなあることだと思います。

でも、死後の世界で
後悔の念に浸るより、
出来るだけたくさんの方が
幸せな世界に逝けるよう、
伝え続けていこうと思います(*^-^*)

みんなで生き抜きましょう(*^-^*)


みんなの人生が幸せに豊かに、
死後の世界がそれ以上に、
幸せに豊かになるよう、願っています(*^-^*)


本日も長くなりましたが、
最後まで読んで下さり、
ありがとうございましたm(_ _"m)(#^^#)


次回もリクエスト記事です(*^-^*)
楽しみにして頂けると嬉しいです(〃´∪`〃)ゞ


それでは、次回!!!!
またね〜〜〜(^.^)/~♪


本日もありがとうございましたm(_ _"m)(#^^#)



続きを読みたい方は
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
の2019年9月をご購読ください。




今月の記事は??こちら(#^^#)↓





それでは!また更新していきます(#^^#)

posted by 言葉配達人あき at 09:00| ブログ2からの転載記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

『認知症のまま最期を迎えたらどうなるの?』

おはようございます(#^^#)

いつも「あきごころ」を読んで下さり、
ありがとうございますm(_ _"m)(#^^#)

今日の更新の記事は、、
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」

からの転載記事です。


人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
では、
ご購読頂いて読める記事なので、
こちらのブログでの更新は控えていますが、

もし、私がいつかこの世を去って、、
(長生きする予定なので、心配しないでくださいね^^
年を重ねても記事を書いていきたい、という
思いがあります)

この
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
が消えてしまったら、、、
私が伝えたかった、人生の法則が
何事もなかったかのように、、消えてしまう。
どうしたらいいか、、と思うようになりました。

ご購読頂いて読むブログなので、
私が更新を止め解約すると、
これまでの更新記事は全て消えていきます。


こちらのブログは、
商業用OKで無料ブログを使っています。

私が無料ブログを使ったのは、
この会社さんが存在する限り、
私の更新が止まっても文字が残るかも
しれないという思いから、使っていました。


毎日紡いでいく言葉、
幸せになる法則をより多くの人が
多くの時間読めるようにしていきたい、
というのが私の夢なのです^^

文字や紡いだ言葉がながーーーく
遺ってほしいと思っています。


そこで考え着いたのが、、
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
の記事を
「あきごころ」へ転載することでした。

ただし、、、やはり
ご購読頂いている方が優先なので、
全ての記事は転載していきません。

全文、全記事を読みたい方は是非、
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
をご購読ください(*^-^*)




本日の転載記事は(#^^#)
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
にて 2019年10月 に更新されています。


『認知症のまま最期を迎えたらどうなるの?』


このリクエストは約1ヶ月半前に頂きました。
こうしてリクエストを頂くと、とても嬉しいです(*^-^*)
どうやって書こうかな!と
構想を考えて、更新していくのが
楽しみなんです(*^-^*)

今回も構想を練っている頃に
病で亡くなった方への質問が相次ぎました。

お陰で構想が出来上がり、
こうして書くことが出来ています(*^-^*)

今日の記事も、命に繋がっていますが、
出来るだけ印象に残り、でも重くない記事に
仕上げていきたいと思います(*^-^*)


それでは!本日の記事!

『認知症のまま最期を迎えたらどうなるの?』

スタートですヾ(*´∀`*)ノ♪

認知症。
今、増えている病ですよね。

人って必ず、命が終わるときがきます。
だから、どんなに医療が発展しても、
新たな病が出続けて、命と向き合うことに
変わりはないのだろうな・・と
思ったりしています。


認知症も、
その一つの病かなって思います。


私も病の経験者ですが、
病って悪者じゃなく、絶対に意味のあるもの
だと思っています。

しかも、
重い病、寿命に向かって歩んでゆく病には、
魂からの訴えがあると思うのです。


認知症になったら、大変とか、、
可哀想、、、で思いを片付けてしまうと、
ご本人の認知症が悪化していきます。

いずれ、亡くなっていく病だとしても、
悪化して亡くなるのか、、、
穏やかに亡くなるのかは、雲泥の差です。


ご本人様が認知症になって、
何を訴えようとしているのか、、
人生の最後に、何をしてほしいのか、
察することが出来れば、亡くなる前も
亡くなった後も、ご本人様も、ご家族も、
ずいぶん楽に気持ちの整理が出来ます(*^-^*)

一例ですが、、
旦那様に尽くして尽くして、尽くし続けて、
人生の最後は、尽くしてもらいたい。
その思いが「認知症」と言う病がきっかけを
作ってくれます。
そんなときは、
旦那様に尽くしてもらえない間は、
暴言を吐いたり、
俳諧(はいかい)したりしますが、
旦那様が奥様を労わり、尽くし始めると、
病の進行には関係なく、穏やかに過ごして
いくようになります(*^-^*)
*逆もあります。
旦那様が認知症で、奥様が尽くす。
という例もあります。

他には、、
過去を忘れたいとき。
家族にも知られたくない過去があるとき、
自分の人生が思うようにならくて、
なかったことにしたいとき。
なども年を重ねてくると、
認知症という病で忘れようとします。
なかったことにして、楽に死にたいのです。

死後の世界は、
認知症は認知症でも、
どう発症して、どう過ごしたのか、、で
全く違ってきます。
最初の一例のように、
パートナーに尽くしてもらいたくて、
認知症を発症し、最後の夫婦の時間を
穏やかに過ごせた場合は、
亡くなったあと、
魂の存在になってからより強く、
感謝が湧き起り、
すみやかに成仏の世界へ上がっていきます^^

とても気持ちよさそうに最期を迎え、
気持ちよさそうに、成仏の世界へ
進んでいく姿は「やり切った!!!」
「生き切った!!!」という思いで
溢れています。
そのような時は、特に何の心配もなく、
成仏のお手伝いもいりません^^
むしろ、その生き様を見習わなきゃ。
と、私自身、背筋が伸びます。


もし、尽くしてほしいと思い、
認知症を発症したけれど、、、
尽くしてもらえなかった場合は、
悔しい思いが日に日に増していき、
暴言、暴力、俳諧、どんどんひどくなり、
最期も苦しみながら、
恨み節のように言葉を吐き捨て、
亡くなることがあります。

そのような時は、 亡くなると、
認知症という病からは脱皮しますが、
「何故、尽くしてくれなかった!」
「何故、優しくしてくれなかった!」
という怒りの念が増していき、
亡くなってもお家に留まったり、
家族にまとわりつきます。


家族には、さまざまな不調が起こり、
幸せでない出来事が多発します。
家族で、亡くなった方を労わり、
亡くなった方の思いを理解できない限り、
不調や不幸が続きます。



認知症は、
同じ病名で同じ症状かもしれませんが、
病の意味が一人ずつ違い、
家族の愛を最大に引き出す、
病でもあれば、
家族の憎しみを最大に
引き出してしまう病だと
思っています。


では、死後の世界はと言うと、、、


認知症で亡くなった方は、
体から魂が抜けると、
魂が引っ張られ、
死後の世界へ行きます。


その後、
一人、部屋のようなところで、
認知症になってからのことを
映画のように見せてもらいます。

家族に、パートナーに尽くしてほしいと
思い認知症を発症し、
しっかり尽くしてもらった方は、
その映像を見て感動し、
家族への愛を増していきます。

その映像を見終わった後が、
自分のお葬式の辺りなのです。

お葬式の準備の様子も、
映像で見せられます。
そして、選択を迫られます。
「さぁ、最後のお別れに行きますか?」
行く。とお返事すると瞬間に、
お葬式の場へ移動します。
約1週間、この世でのあいさつを済ませると、
あの世へ再び戻ります^^

気持ちに整理がついて、感謝が湧いている魂は、
1週間ほどで、あの世に戻ることが多いです。
あの世へ戻り、成仏の道を目指します。
穏やかなので、わりとすぐ、成仏しちゃいます^^


行かない。と答えると、
そのまま魂のレベルに合った世界へ戻り、
生きた人生を振り返る作業が始まり、
成仏の道を目指します。



では、
過去を忘れたいとき。
家族にも知られたくない過去があるとき、
自分の人生が思うようにならくて、
なかったことにしたいために、
認知症という病で忘れようとした場合も、

亡くなってからは、一度は
さっと、あの世の世界へ連れて行かれます。

そして、同じように、
一人、部屋のようなところで、
認知症になってからのことを
映画のように見せてもらいます。

自分が何から逃げようとしたのか、
どう隠したのか、、
さらに、行った行為、
隠した行為が後々、
どう子孫に影響していくのか、
見せられます。

そして、
自分のお葬式を見るよう、
この世界へ戻されます。

逃げ道として認知症を使った場合には、
あの世へ逝くか、お葬式に出るか、
の選択はありません。

この世へ魂として戻り、
自分のしてきたこと、現実を受け止めに
戻らされます。
さらに、反省は進まなければ、
あの世へ逝くお迎えは来ません。

逃げとして、認知症を使った場合は、
この世で残り、
浮遊霊になってしまうことがあります。

自分の行ったことへの反省が進まず、
あの世へ還れないのです。


このような場合は、
この方が残したカルマや負の現実を
子や孫、ひ孫は背負うため、
家系全体でついてないことが続きます。

最初は、出てこないかもしれませんが、
5年、10年と月日が経つほど、
事故や病、離婚、など起こり始めます。
そして、子孫が途絶え、
負成仏霊になる家族が増えていきます。


どうしたら、巻き込まれないかと言うと、
先祖の生きた道を知り、
同じ道を歩まないことです^^
その決意だけでも、
巻き込まれずに済むことがあります(*^-^*)

何より、
目の前の現実から「逃げない」こと、
「逃げるために病を使わない」こと。
それだけで、先祖の遺した負のループに
ハマらないで済みます(*^-^*)


もし、逃げとして認知症を発症しても、
お葬式の時やこの世に戻された時に
反省し、どうすれば良かったのか、
自分が今から、どんな念で過ごせばよいのか
悟ることが出来ると、
浮遊霊になることはなく、
あの世への扉が開き、
あの世へ戻ることが出来、
さらに成仏の道を目指し、穏やかに
過ごせるようになります(*^-^*)


もし、自分の身近な人が
認知症を発症し、逃げからの認知症から
亡くなっちゃった・・・。
と分かった場合、、
生きている子孫の誰かが、
生き方を正し、家系に流されない
生き方、選択をしていく姿を見せていくと、
浮遊していた身内の霊が気づき、
自分の選択の間違いを正す必要があった!
と悟り、あの世へ戻ることが
出来ることがあります(*^-^*)


私たちの魂は、完璧ではない存在です。
間違いもあります^^
その間違いを犯したら、
もうダメ!!!!ということはなく、
心から魂からの反省を起こすことが出来たら、
皆、成仏されて、魂の輪廻転生の流れに
乗っていきます(*^-^*)


実際、私たちが生きているのも、
たくさんの間違いを犯しつつも、
心から、魂からの反省を
起こすことが出来たからこそ、
今、生まれています(*^-^*)

成仏していないかも。。。。という
先祖を責めることなく、
今、自分がどう生きるのか、
どう選択するのか、
真剣に考えることで、

認知症や重い病で亡くなった方の
魂も救えるようになります(*^-^*)



さて、今回も長くなってしまいました^^
認知症については、まだ書きたいこともあるので、
いつかまた記事にしてみたいと思います(*^-^*)

次回は、再度リクエスト記事です(*^-^*)
重いテーマですが、出来るだけ
重くならないよう、書いていきたいと
思います(*^-^*)


次回もお楽しみに〜ヾ(*´∀`*)ノ

本日も最後まで、読んで下さり、
ありがとうござましたm(_ _"m)(#^^#)

またね〜〜〜(^.^)/~♪




続きを読みたい方は
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
の2019年9月をご購読ください。




今月の記事は??こちら(#^^#)↓





それでは!また更新していきます(#^^#)

posted by 言葉配達人あき at 09:00| ブログ2からの転載記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

『あの世の話1ー成仏までの道のりと年忌の意味ー』

おはようございます(#^^#)

いつも「あきごころ」を読んで下さり、
ありがとうございますm(_ _"m)(#^^#)

今日の更新の記事は、、
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」

からの転載記事です。


人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
では、
人生にある目に見えない法則や
人生を紐解くヒントをより細かく、
分かりやすくを心掛けて、更新しています。

ご購読頂いて読める記事なので、
こちらのブログでの更新は控えていました。

が、数ヶ月前、、
2019年2月ごろかな。。
から私の意識の中で、

もし、私がいつかこの世を去って、、
(長生きする予定なので、心配しないでくださいね^^
年を重ねても記事を書いていきたい、という
思いがあります)

この
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
が消えてしまったら、、、
私が伝えたかった、人生の法則が
何事もなかったかのように、、消えてしまう。
どうしたらいいか、、と思うようになりました。

ご購読頂いて読むブログなので、
私が更新を止め解約すると、
これまでの更新記事は全て消えていきます。


こちらのブログは、
商業用OKで無料ブログを使っています。

私が無料ブログを使ったのは、
この会社さんが存在する限り、
私の更新が止まっても文字が残るかも
しれないという思いから、使っていました。



毎日紡いでいく言葉、
幸せになる法則をより多くの人が
多くの時間読めるようにしていきたい、
というのが私の夢なのです^^

文字や紡いだ言葉がながーーーく
遺ってほしいと思っています。


そこで考え着いたのが、、
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
の記事を
「あきごころ」へ転載することでした。

ただし、、、やはり
ご購読頂いている方が優先なので、
全ての記事は転載していきません。


数か月前の1記事、2記事を
こちらで更新していきたいと思います(#^^#)
そして、「あきごころ」では、
内容が省略されていることもあります。

全文、全記事を読みたい方は是非、
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
をご購読ください(*^-^*)




本日の転載記事は(#^^#)
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
にて 2019年9月 に更新されています。


『あの世の話1ー成仏までの道のりと年忌の意味ー』


数ヶ月の間、
亡くなった大切な方の成仏を
依頼されることが続きました。

その場合、私は、
無理に成仏を勧めません。

何日も、時には何か月も、
その方の魂とお話をして、
この世へ残した気持ちを聞き、
癒しに変えて、次の世界へ
旅立ちを促します。

ご本人様が旅立ちたくない、
という場合は、無理に促すことは、
私の場合はありません。

生きている間もそうだと思うのですが、
言いたいことがある、
伝えたいことがあるのに、
無理に外に出されたら、
強い力なら従いますが、、
いずれ戻りたくなったり、
戻れないにしても、
怒りや悲しみが残ってしまいます。

亡くなったあとは、私たちには
体はなく、意識しかないので、
その怒りや悲しみが積もっていくだけで、
子孫に影響してしまうのです。


意識がとても大事なことを
心して、会話をしていきます。


と!話を戻します(*^-^*)
今日は、亡くなったあと、
私たちはどのようにして、
成仏の道へ進むのかを
書いていきたいと思います(*^-^*)

そして、四十九日の過ごし方を
お話しますね(*^-^*)



亡くなると、私たちは、
体を抜け出し、霊体と言って、
意識の集合体になります。

意識の集合体ということが難しい場合は、、
自分の意識が生きていると想像してください^^


亡くなると、
これまで生きていたときの常識が
ガラッと変わります。

まず、時間がありません。
朝、昼、夜という変化もありません。

体もないので、
体が成長していくことも
老いていくこともなくなります。

亡くなってしばらくは、
あれも食べたい、これも食べたい、
お酒も飲みたい、たばこも吸いたい
などと思い、意識で食べて飲んで、
吸ってを繰り返しますが、
あまりに願いが叶い過ぎたり、
お腹も空かないので、次第に
食べることも忘れていきます。


時間の感覚もなく、
食べることもしない。

そんな時に、助けになるのが
遺族の思いと年忌の知らせです。

通夜をしたり、葬儀をしているうちに、
「あ、自分は亡くなったんだ、
通夜をしているということは、
亡くなって3日くらいってことかな。

葬儀ってことは、4日経ったんだ。
早いな。もうすぐ体を焼くんだ。
など、生きている遺族で行う
葬儀や年忌の知らせで自分が亡くなって
どれくらいたったのかを知っていきます。


49日と言われる日は、
亡くなってから、程よい時間が経ち、
皆が日常に戻り始めます。

亡くなった方は、
まだ自分のことを覚えてもらっている日のうちに、
会いたい人へ出向き、会いに行き、
意識を感じながら、会話を楽しんでいます。

最初のうちは、すぐに会いに行けるし、
意識が分かるので楽しいのですが、
次第に、自分のことを考えている時間は
案外少ないものだな。。とか、
何だか忙しそうだな。。とか、
私が居なくなっても、やっていけるな。
と思い始め、悲しくなったり、
ここにいるべきじゃないな、、
と思い始めます。

そう思い始め、
生きた時間へ未練が切れた頃、
あの世からお迎えがくるんです^^

中には、この世に用はないから
さっさと還ろ!とすぐに、
この世を去る方もいます。

が、だいたいは、
会いたい人に出向いていくかな^^

その時間にも飽きてきたころ、
遺族が四十九日の法事を行うと、

「あ、四十九日か。それだけの時間が経っていたんだ」

と気づきます。
そのときに、この世に未練が無くなっていたら、
「じゃぁ、そろそろ、みんなとお別れしよう」
と思えば、成仏されたご先祖様か、魂での家族、きょうだいが
迎えに来てくれます^^

四十九日の段階でも、まだ誰かに会いたかったり、
この世に未練があるときは、残ります。
そして、次の年忌が来た時に、
時間が分かります。

法事も最初の方が細切れにあるのは、
亡くなった方に時間をお知らせする
役目もあるためです。

時間の知らせがなくても
成仏していく方もいますが、
だいたいきっちりした日本人は、
四十九日を境に成仏さる方が多いです^^


ということは、、
家族が亡くなったときから
四十九日までの過ごし方は、
亡くなった方へ思いを馳せながら、
出来るだけ「普通」に過ごし、
亡くなった方に、
この世に未練を残さず
一日でも早く、あの世へ還ろう!
と思ってもらうことが重要です。

どう過ごすかも大切ですが、
亡くなった方へ時間をお知らせしてあげるためにも、
年忌事の法事をしっかり行うことは
故人の魂を大切にすることにも繋がるので、
年忌のことだけは忘れないように
してあげてくださいね(*^-^*)

私の場合は、故人が

「そろそろ、もう魂のふるさとへ還ろう!」
と思ってもらえるように、お話をしていきます(*^-^*)


故人がこの世へ未練断ち切ると、
成仏されていきます(*^-^*)


成仏というのは、
道があるように説明すると分かりやすいので、
私の場合は道と説明しますが、
正確には、本人の意識です。

この世へのやり残したことも癒しに変わり、
未練もなく、子孫を応援出来る状態になった
ということです。

成仏にも段階があり、
自分の家族のことだけを応援出来る段階から、
全人類のことを応援出来るステージまで、
幅があります。

成仏しても、年忌のお経が聞こえたら、
自分が亡くなって何年経ったのか、
確認したりします。

「もう7年もたったんだ。
ここまで来たんだな」
などと思っているかもしれません^^

そして、亡くなって約33年経つと、
生まれていた感覚もなくなり、
自分の名前も消えていき、存在だけを
認めたりしますが、たいていが
子孫だけではなく、多くの人の幸せを
願える状態になり、仏のようになります。

その仏になった後、
いくらか過ごします(*^-^*)
人間でいうと50年ほど仏のようになるまでに
時間がかかる方が多いですが、
33回忌が目安になっている魂も多くいます。

33回忌の後は、時間の知らせがない場合が多いので、
33年経っても、この世に未練があり、
成仏へあがっていけない場合は、
時間の知らせがない分、成仏する
機会もなくなります。

そのことを魂は知っているので、
33回忌をメドに、
成仏することもあります(*^-^*)


年忌ってね、亡くなった方への知らせで
とても大切なんです(*^-^*)



人が亡くなってから、
成仏までの道のりは、こんな感じです。
自殺をしたり、殺されちゃったりしたときは、
別の歩み方になりますが、、、それはまた
今度書いていこと思います(*^-^*)


今日も文章が長くなってしまったので、、、
また次に書きたいことを次週へ
回してみます(*^-^*)

また、楽しみにして頂けると
嬉しいです(*^-^*)


今日も長い文を最後まで読んで下さり、
本当にありがとうございました!!
m(_ _"m)(#^^#)


また次週もお楽しみに〜!!ヾ(*´∀`*)ノ♪

またね〜〜〜(^.^)/~~~♪





続きを読みたい方は
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
の2019年9月をご購読ください。




今月の記事は??こちら(#^^#)↓





それでは!また更新していきます(#^^#)

posted by 言葉配達人あき at 09:00| ブログ2からの転載記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

『結婚で人生が変わるって本当?−女性目線ー』

おはようございます(#^^#)

いつも「あきごころ」を読んで下さり、
ありがとうございますm(_ _"m)(#^^#)

今日の更新の記事は、、
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」

からの転載記事です。


人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
では、
人生にある目に見えない法則や
人生を紐解くヒントをより細かく、
分かりやすくを心掛けて、更新しています。

ご購読頂いて読める記事なので、
こちらのブログでの更新は控えていました。

が、数ヶ月前、、
2019年2月ごろかな。。
から私の意識の中で、

もし、私がいつかこの世を去って、、
(長生きする予定なので、心配しないでくださいね^^
年を重ねても記事を書いていきたい、という
思いがあります)

この
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
が消えてしまったら、、、
私が伝えたかった、人生の法則が
何事もなかったかのように、、消えてしまう。
どうしたらいいか、、と思うようになりました。

ご購読頂いて読むブログなので、
私が更新を止め解約すると、
これまでの更新記事は全て消えていきます。


こちらのブログは、
商業用OKで無料ブログを使っています。

私が無料ブログを使ったのは、
この会社さんが存在する限り、
私の更新が止まっても文字が残るかも
しれないという思いから、使っていました。



毎日紡いでいく言葉、
幸せになる法則をより多くの人が
多くの時間読めるようにしていきたい、
というのが私の夢なのです^^

文字や紡いだ言葉がながーーーく
遺ってほしいと思っています。


そこで考え着いたのが、、
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
の記事を
「あきごころ」へ転載することでした。

ただし、、、やはり
ご購読頂いている方が優先なので、
全ての記事は転載していきません。


数か月前の1記事、2記事を
こちらで更新していきたいと思います(#^^#)
そして、「あきごころ」では、
内容が省略されていることもあります。

全文、全記事を読みたい方は是非、
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
をご購読ください(*^-^*)




本日の転載記事は(#^^#)
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
にて 2019年9月 に更新されています。


『結婚で人生が変わるって本当?ー女性目線ー』
ー女性の行いで、、、人類の未来も変わってくるんですよ〜・・・^^−


*最初のメール部分は省略しています。
ブログ2をご覧下さい。


前回、男性目線の記事を書きましたが、
女性からすると、女性の意見で
記事を読み進めるので、
理解できづらい箇所もあるようですが^^

今日は、女性目線から、
メッセージを書いてみたい
と思います(*^-^*)

今回も、相談者の女性をAさんと明記します。

女性の気持ちを書くとき、
私も迷います。
同じ女性で、気持ちも
すごーーーくよくわかるんです。

好きな人が出来た!
ずっと一緒に居たい!
一緒に居たら、何でも大丈夫な気がする。
何も悪いことが起こらないし、
人生の何もかもが幸せ!だと感じる。

そんな時、彼に
「家に来る?」
と言われたら、
「いく!」
と言っちゃう。
「一緒に住む?」
と言われたら、
「住む!」
と言っちゃう。

一緒に住んだら、ずっと
好きな人と一緒に居られる!
料理も頑張るし、
素敵な女性だって思ってもらえるように、
家事も頑張ります。
もしかすると、一番
女性が輝いている時間かもしれません(*^-^*)
私も結婚のこと知らないときは、
このような状況にある女性を
とっても羨ましいと思いました。。

と、話を戻します。

女性は、その延長で
このまま結婚出来るはず♪
という気持ちが1~3年は続きます^^

が!その気持ちとは裏腹に、
男性の気持ちは、
前回の記事にも書いたように、
結婚の意思が薄れていき、
結婚への覚悟を決める機会も
減っていきます。

同棲して1年、、2年、、
と時間が経っていくうちに、
彼もいなかった友達が結婚したり、
同じく同棲していた友達の結婚や
妊娠報告が届いたりしてきます。


みんなからの報告をもらっているうちに、、
自分はこのままでいいのかな。。
このままで結婚出来るのかな。
という思いがよぎります。
その頃です。
相談者のAさんのような気持ちになり、
結婚もしたい、妊娠、出産もしたい、
でも彼でいいのかもわからないし、
妊娠計画もうまくはいかない、、
今更離れられない。。
どうすればいいか分からなくなります。


こんな時はね、
苦しいけど、寂しいけど、
一旦、一人になることをお勧めします。
未来で幸せになるためにね!
人類も幸せになるためにね^^

年齢が30代、40代となると、
すごく怖いと思います。

でもね、結婚って
ただするだけの結婚と、
一人の時間をクリアして、
自分の気持ちを整理してからの結婚では、
人生が違うのです。
*その違いは前回の記事をご購読下さい。
男性が決意して、結婚するのと、
そのままの流れで結婚するのは、
人生に雲泥の差が出てきます。

何故、一人になる必要があるのか、、と言うと、

魂は学びを基準に人生を組み立てます。
寂しいとか、苦しいとかは、学びのために
必要だと認識します。

結婚は、ただするだけでは、
独身時代の学びをしていないことになるんです。

どうしたら結婚出来るのか、
結婚までの道のりはどんな道なのか、、
分からない場合は、学びを飛ばしています。

独身時代の学びを飛ばしてしまうと、
結婚しても、後戻りして(離婚して)
もう一度、独身時代を経て学びをし直すか、
結婚しながら、孤独と向き合うことになります。
その場合は、子どもも巻き込んで、
夫婦関係で苦しみ、子どもで苦しむことが
多くあります。


一人の苦しみが分からないと、
二人になる大切さや幸せを見失います。

一人の苦しみが分からないと、
命が生まれ増えていく喜びを見失い、
子育てが分からなくなります。

結婚して長い時間苦しむより、
独身の時期に、一人の意味を考え、
自分の育った環境と向き合い、
結婚について考えることで、
幸せな結婚生活を迎えることが
出来るようになります(*^-^*)



物理的に言うと、
女性は、男性から好いてもらい、
尽くしてもらうことで、
気持ちが満たされ、
夫に愛を注ぐことが出来、
その満たされた愛のまま
子どもが生まれ、
その子どもへ夫婦の愛が
伝わっていきます。


つまり、、穏やかな家庭は、
男性から好いてもらわなけば、
幸せな結婚が成り立たちません。
そこから、次の子どもたちへ愛が
広がっていきます(*^-^*)
その意味でも、
たとえ同棲していても、互いの気持ちを
確認する上でも、一旦離れ
一人になる時間が必要です。


何故、私はこのように
一人の学びにこだわるのか、、と言うと、
大人になった私たちは今、
昔大人だった、両親世代やそのもっと上の世代を
支えています。

そして、私たちも年を取り、いつか働けなくなります。
その時には、今生まれている子どもたちや
これから生まれてくる命たちに、
支えられて生きていきます。

その子ども、命たちを育てるのは
今の大人たちです。
その大人たちが、愛に満たされ、
愛に満たされた家庭を築き、
生まれてくる子供たちに
愛を伝えていかなければ、、、、

生まれてきた子どもたちが
自分だけのことを考え、
自分中心に行動し続け、、
小さな破滅が、いずれ
大きな破滅に繋がります。

極端かもしれませんが、、
恐竜の時代は、
天気で恐竜が絶滅しましたが、
人間は、自分の撒いている愛で
破滅してしまうかもしれません。

そのカギを握るのが、
女性だと思うのです。

女性が一人になることを怖がらず、
愛と向き合い、愛を創っていくことを
素晴らしい!幸せ!と思う人が
一人でも多くなればなるほど、
幸せな家庭が増え、そこから
愛に満たされた命が育っていき、
結果、
遠い未来で私たちの支えになります。

そして、
また命が繋がっていくと思うのです。

今の時代、同棲が当たり前になり、
結婚前に命が出来ることも生まれることも
驚かない時代になりました。

寂しくても誰かと一緒に簡単にいられる。
家族と向き合わなくても、
誰かと家族のように暮らせる。
寂しさを誰かや何かで誤魔化し、
「心と向き合う」ことや
「家族と向き合い」ことが
置き去りにされている今、、、
とても危機を感じるのです。

寂しさは苦しいです。
でも、その寂しさが幸せになる力を
与えくれます。
寂しさと向き合うことで
女性が心から望む幸せを掴むことが
出来るのです。

結婚しても、寂しい、苦しいときは、
是非、今からでも寂しさ、苦しみと
向き合いましょう!
その向き合うが自分も家族も、
子どもたちも救っていきます(*^-^*)


今日のメッセージは、きっと
Aさんや女性が納得できる答えではないと思います。

でも、
愛に満たされた魂がより多く、
育ってほしい、、
そのカギを女性が握っているので、
女性にもっともっと知識をつけてもらい、
賢くなってもらいたい、、、
だからこそ、
何度も発信していきたいと思います(*^-^*)


心からの幸せや望んでいる愛は、
寂しさや家族から逃げないことでしか
手に入らないことを忘れないでいてくださいね(^_-)-☆


今日も長い文を書いてしまいました(;^_^A
今日も最後まで読んで下さり、
ありがとうございましたm(_ _"m)(#^^#)

次回は、もう少し結婚への記事を
書いてみたいと思います(*^-^*)

楽しみにして頂けると嬉しいです(*^-^*)


それでは!!!
また、次週(*^-^*)

まったね〜(^.^)/~~~♪




続きを読みたい方は
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
の2019年9月をご購読ください。




今月の記事は??こちら(#^^#)↓





それでは!また更新していきます(#^^#)

posted by 言葉配達人あき at 09:00| ブログ2からの転載記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

『結婚で人生が変わるって本当?ー男性目線からー』

おはようございます(#^^#)

いつも「あきごころ」を読んで下さり、
ありがとうございますm(_ _"m)(#^^#)

今日の更新の記事は、、
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」

からの転載記事です。


人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
では、
人生にある目に見えない法則や
人生を紐解くヒントをより細かく、
分かりやすくを心掛けて、更新しています。

ご購読頂いて読める記事なので、
こちらのブログでの更新は控えていました。

が、数ヶ月前、、
2019年2月ごろかな。。
から私の意識の中で、

もし、私がいつかこの世を去って、、
(長生きする予定なので、心配しないでくださいね^^
年を重ねても記事を書いていきたい、という
思いがあります)

この
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
が消えてしまったら、、、
私が伝えたかった、人生の法則が
何事もなかったかのように、、消えてしまう。
どうしたらいいか、、と思うようになりました。

ご購読頂いて読むブログなので、
私が更新を止め解約すると、
これまでの更新記事は全て消えていきます。


こちらのブログは、
商業用OKで無料ブログを使っています。

私が無料ブログを使ったのは、
この会社さんが存在する限り、
私の更新が止まっても文字が残るかも
しれないという思いから、使っていました。



毎日紡いでいく言葉、
幸せになる法則をより多くの人が
多くの時間読めるようにしていきたい、
というのが私の夢なのです^^

文字や紡いだ言葉がながーーーく
遺ってほしいと思っています。


そこで考え着いたのが、、
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
の記事を
「あきごころ」へ転載することでした。

ただし、、、やはり
ご購読頂いている方が優先なので、
全ての記事は転載していきません。


数か月前の1記事、2記事を
こちらで更新していきたいと思います(#^^#)
そして、「あきごころ」では、
内容が省略されていることもあります。

全文、全記事を読みたい方は是非、
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
をご購読ください(*^-^*)




本日の転載記事は(#^^#)
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
にて 2019年8月 に更新されています。


『結婚で人生が変わるって本当?ー男性目線からー』

*最初のメール部分は省略しています。
ブログ2をご覧下さい。


このメールは、先月、
30代女性から頂きました。
(以下Aさんと明記します。)

長年お付き合いしている彼がいるそうなのですが、
同棲していても結婚に進まず、悩んでいました。
子どもが出来れば、、と思っていた時期も
あるそうですが、うまくはいかず、
同棲が続いているそうです。

結婚の話をふると、
「いつかね」と返事をされたまま、
会話がなくなるそうです。

自分も30代になり、
子どもを産めなくなる焦りが出てきて、
このままいた方が子どもを産めるのか、
別れた方がいいのか、悩みますが、
次に彼が見つかる自信もない、、
悪循環が続いている。。。

そんなところに、舞い込む
友人たちの妊娠、結婚、出産の報告に、
落ち込むが大きくなってきている。
という報告でした。


このような悩み、
とーーーーっても多く頂きます。
28歳〜35歳の女性の方が多いです。


こうなることには意味があるんです。

男性は、
いつでも女性に甘えられて、
いつでも自分の欲を満たせて、
生活が楽な方がいいんです。


結婚した場合は
いつでも女性に甘えられます。
夫婦仲が良ければ、
いつでも自分の欲を満たせます。
でも、
生活を支えなければならず、
世間からの責任も独身よりは
重く感じます。


同棲では、
いつでも女性に甘えられて、
いつでも自分の欲を満たせて、
お金が別なことも多いので、
楽なことが多く、
世間からの責任もさほどありません。
もしかしたら、
ご飯も作ってもらえる、
洗濯もしてくれる。
子どもを望まない男性からしたら
夢のような生活かもしれません(;^_^A


男性の立場から言えば、
責任の重さが
同棲<結婚
なんです。

結婚と同じような生活が出来ているので、
さらに責任の重さを問われる結婚へ
わざわざ踏み込みたくないんです。

男性には、
子どもを授かれる時間が
女性よりはかなり長いので、
女性が抱える、
子どもを産める時間への焦りは
理解出来ません。

一方女性の方は、
同棲すると、
いつも好きな人といられますが、
生活費のための仕事は変わらず続けながら、
家事は2倍になります。
尽くす方ほど、
家事をしっかりこなすので、
食事の支度から掃除、洗濯まで
しっかりしちゃいます。

このまま続けていたら、
彼が結婚しようっと言ってくれるかも。
と期待し続けて、いい子で居続け、
尽くすことを続けます。

女性の負担は、
同棲>結婚
になり、男性とはバランスが違います。
ここで女性が悩みます。

結婚を望まず、
妊娠も出産も望まないなら、
同棲してもいいと思います。

でも
結婚も妊娠も出産もしたい!
という意思があるのなら、
女性の方は、同棲しちゃ、絶対にダメです。

同棲すればするほど、
幸せな結婚生活から遠のきます。

いつか結婚してもらえる!
という思考から起こす行動は、
男性に尽くしてしまい、
男性の結婚への決断を鈍らせます。

潜在意識の法則からも、
結婚してもらえない現実を
創り続けてしまいます。


同棲の場合は、多くは
出来ちゃった結婚になります。

出来ちゃった結婚でも、
男性の方に、元々、
この女性と結婚する意志が強くあった場合、
結婚後、夫婦の会話を絶やさず、
生まれた命を共に育てることが出来たら、
うまくいく夫婦もいます。

でも、それは少数です。
「ふわわ」に夫婦関係で
悩み相談で来られるお客様は
9割超えで、出来ちゃった結婚です。

出来ちゃった結婚でない夫婦からの
ご相談は、在りません。
何年経っても円満なのです^^

何故、そのようになるのか、、というと、
男性の意思が違うんです。


分かりやすくするため、
結婚に進むステージを書いてみますね^^

男性が結婚したい時期は、
生活が安定していたり、
経済力にも自信が出ている時期です。
今なら、自分も家族を創って養っていける
気がする!!
そろそろ結婚しよう。
誰がいいかなぁ、、、♪
こんな結婚生活がいいなぁ。
こんなことがあったらいいなぁ。
と自分の経済力と照らし合わせながら、
理想を描きながら、結婚相手を探します。
フリーで、自分の理想の人が見つかると、
すぐに声をかけます。

理想を描いて、その理想に当てはまる相手を
見つけるので、理想通りの女性を探しあてます。

自分の中にある「結婚して家庭を築きたい」
という目標を早くクリアしたいのです^^
「僕と結婚してください」
と意思を伝え、結婚します。
結婚した後、理想通りの女性だったとき、
男性は幸せを感じます^^
「やっぱり自分の目は正しかった!」
そうなったとき、男性は
一生この女性を大事にしよう!
と決意を新たにします。
子どもが生まれることがもちろん嬉しいですが、
その女性といられることは
もっと嬉しいのです^^
その思いが
経済面の負担や世間からの責任の負担を
越えてあるため、
常に幸せを感じます(#^^#)

大事にしたい人が創ってくれる料理、
洗濯、掃除、、何もかもが嬉しくて、
家に帰ることが待ち遠しくなり、
生活も豊かにしてあげたいと
仕事も一生懸命するため、
出世します^^
仕事でも成功が見えてくるのです(*^-^*)

女性は、
いるだけで喜ばれ、作る料理で喜ばれ、
大事に扱ってもらえる幸せが続いていきます(#^^#)
二人の子どもを愛おしく思うように、
母になっても大事にしてもらえる
喜びを感じ続けます。

結婚したときから、
年々愛情が大きくなり、
幸せも<大きくなっていきます(#^^#)



一方、同棲は
どんな風に気持ちが進んでいくでしょうか。

同棲をするときには、
男性は経済的に安定していないことが多いです。
経済力などは考えず、
とりあえず付き合ってみて考えよう。
一緒に住むことになった。
まぁ、苦しいときは
補充してもらえるからいいっか!

このとき、女性の
「同棲したら結婚だー!」
という意思とは程遠く、
男性の中には、未来の計画はないのです。


同棲が始まると、
互いに嫌な面が見えてきます。

特に男性は、
理想通りの女性を見つけ出していないので、
嫌な面が多く目につきます。

あぁ、だらしないなぁ。
こんなに女性らしくないんだ。
なんかイメージと違ったなぁ。

と、日々思っちゃうんです。
でも、別れるのも、、面倒だしなぁ。
ま、このままでいいっか。


そうして、時間が過ぎていきます。

つまり、結婚を強く望む女性に対して、
男性には結婚願望が薄れているのです。
このままでは、結婚へは至りません。


ここでもし、子どもが出来た場合、
男性は「仕方なく」結婚に同意し、
結婚に至ります。

が、元々理想に合っていない人と
結婚しているので、
「結婚させられた」感があるのです。

奥さんのことを無意識に、
結婚したい時期でもないときに、
結婚させられた相手として
みてしまいます。

経済力も落ち着いていないことが多いので、
自分の力以上に経済力を求められることが
ストレスになります。

そして、そのお金で
奥さんが暮らしていると思うと、
お金が好きじゃないことに消えていく。
と思ってしまい、
さらに仕事がストレスになります。
働きたくなくなるんです。

なので、給料は中々上がりません。

子どもの人数は関係なく、
生活苦になります。

そうなると、
奥さんも子どもを預けて
働かないと生活が成り立たなくなります。

このころには、女性は
「子どもが出来たー!
結婚出来たー!」という喜びは
消えています。

生活をどうにかしなくちゃ!
と生活に追われます。

仕事に育児に忙しくしているのに、
作った食事に文句を言われ、
家が汚いと家事に文句を言われます。

奥さんを大事にしようという意思は
年々薄くなり、なくなっていきます。

女性は、
大事にされないことへの怒りを感じ続け、
生活に追われる苦しみを味わい、
夫婦の意思が同じでないため、
子育てに苦戦します。

結婚したときから、
年々愛情がなくなり、
幸せが消えていきます。
日々を繋ぐのは子どもだけに
なったりします。


同棲ではない場合でも、
結婚より子どもが先に
出来るということは、
男性にとっては、
結婚の決意が出来ていない時であったり、
この人ではないかなぁと
悩んでいるときだったりするので、
結婚したときから、
年々愛情がなくなり、
幸せが消えていきます。
日々を繋ぐのは子どもだけに
なったりします。


いかがですか?


結婚って人生を変えるでしょ^^


結婚は、

女性が妊娠、出産をして、

女性の幸せを感じるために

するものではなく、


男女が出会い、互いに惹かれ合い、

互いに決意をして、

家族を増やしながら、

家族を守るということが

生き甲斐になり、そこから、

命が繁栄していくためのものなのです。


自分のために、
自分の願いを叶えるために、、
とだけ願うと、何もかも
うまくいかなくなります。


Aさんの悩みは、
完全に女性目線での悩みなのです。
男性の気持ちは置き去りに、
結婚を望んでいます。


どちらも幸せになりたいのであれば、
同棲を解消し、別々に暮らして、
自分と向き合い、
互いに結婚の意思があるのか確かめ、
男性の決意を待たなければなりません。

離れる勇気がないのであれば、
進みません。

もし、離れて暮らして、
男性の方がこの方が楽だ。
と思ったら結婚の意思は出てこないので、
別れを選択します。

そうして、次への歩みが決まります。

この道を歩む勇気がなければ、
愛され続ける幸せな結婚を
迎えることは出来ません。




考えると難しいですね(*^-^*)
次回は、女性目線で、
じゃぁ、どうしたら
幸せな結婚に辿り着けるのか、、
書いてみたいと思います(#^^#)


幸せな結婚をするカップルが増えて、
幸せな子どもがたくさん生まれたら
嬉しいなぁと思います(#^^#)


今日も、とても長くなりましたが、
最後まで読んで下さり、
ありがとうございましたm(_ _"m)(#^^#)

また次回も楽しみにして頂けると
嬉しいです(*^-^*)♪


では、また次回も、
お楽しみに〜ヾ(*´∀`*)ノ♪

ありがとうございました!!!
(^.^)/~~~♪




続きを読みたい方は
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
の2019年8月をご購読ください。




今月の記事は??こちら(#^^#)↓





それでは!また更新していきます(#^^#)

posted by 言葉配達人あき at 09:00| ブログ2からの転載記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

『お金に困るのはカルマなの?−カルマの話A−』

おはようございます(#^^#)

いつも「あきごころ」を読んで下さり、
ありがとうございますm(_ _"m)(#^^#)

今日の更新の記事は、、
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」

からの転載記事です。


人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
では、
人生にある目に見えない法則や
人生を紐解くヒントをより細かく、
分かりやすくを心掛けて、更新しています。

ご購読頂いて読める記事なので、
こちらのブログでの更新は控えていました。

が、数ヶ月前、、
2019年2月ごろかな。。
から私の意識の中で、

もし、私がいつかこの世を去って、、
(長生きする予定なので、心配しないでくださいね^^
年を重ねても記事を書いていきたい、という
思いがあります)

この
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
が消えてしまったら、、、
私が伝えたかった、人生の法則が
何事もなかったかのように、、消えてしまう。
どうしたらいいか、、と思うようになりました。

ご購読頂いて読むブログなので、
私が更新を止め解約すると、
これまでの更新記事は全て消えていきます。


こちらのブログは、
商業用OKで無料ブログを使っています。

私が無料ブログを使ったのは、
この会社さんが存在する限り、
私の更新が止まっても文字が残るかも
しれないという思いから、使っていました。



毎日紡いでいく言葉、
幸せになる法則をより多くの人が
多くの時間読めるようにしていきたい、
というのが私の夢なのです^^

文字や紡いだ言葉がながーーーく
遺ってほしいと思っています。


そこで考え着いたのが、、
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
の記事を
「あきごころ」へ転載することでした。

ただし、、、やはり
ご購読頂いている方が優先なので、
全ての記事は転載していきません。


数か月前の1記事、2記事を
こちらで更新していきたいと思います(#^^#)
そして、「あきごころ」では、
内容が省略されていることもあります。

全文、全記事を読みたい方は是非、
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
をご購読ください(*^-^*)




本日の転載記事は(#^^#)
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
にて 2019年8月 に更新されています。


『お金に困るのはカルマなの?−カルマの話A−』


さぁて!
お金について、今ある知識全開で
書きまくります!(^^)!


お金に困る=カルマ


ということは、


実はありません^^


お金は、この世の物で人間が創った仕組みです。
あの世にはお金という概念もありません。

なので、
カルマではありません。

お金は、
愛情の欠乏や怒り、反抗が
形になった物なのです。
愛情を示す形でお金に困る
こともあります。

今日はこの中でも、
愛情を示す形でお金に困ることに
ついて書いていきたいと思います(#^^#)



文だけ読むと、
愛情を示す形で、お金に困る???
って感じになりますよね^^


私たちの潜在意識の中には、生き抜くために
気づかないことが多いですが、
「両親が好き!」という思いがあります。


両親がお金に困っている場合、
その困っている状況が潜在意識へ
しっかり根を張ります。

そして、私たちが大人になったとき、
気づかないうちに
「両親が好き!」スイッチが
入っているんです。



「両親が好き!」スイッチが入ると、
一時期、お金を稼ぎ、貧乏から脱出できたとしても、
支出が大幅に出たり、盗まれたりして、
お金に困る状況へ舞い戻ります。
これが「両親が好き!」スイッチの
怖いところです(;^_^A



「両親が好き!」スイッチが入るとね、、
稼いでいる自分に罪悪感が出てくるんです。

両親がお金に困っていた。
ということは稼ぐ方法や意識に
なんらかの間違いがあったと思うのです。

お金に困っていた両親に育てられた自分が、
お金を稼げるようになったということは、
お金を稼ぐ方法は両親の真似をしなかった。
ということで、潜在意識では、
「両親を裏切っている自分」が存在し、
罪悪感が生まれます。


そこで、その罪悪感を抑えるために、
「両親へ恩返しをする」
「両親に家をプレゼントする」
など大きな金額を両親へお返しして、
褒められようと試みます。
(全て無意識です。)

が、自分が思っているようには、
褒められないのです。
両親は無意識ですが、
好きでお金に困っているため、、
豪華な家をプレゼントされても、
豪華な物をプレゼントされても、
自分に合わない気がしてしまい、
成功した子どもや
恩返しのつもりの好意を
褒めることが出来ません。


そのようなことが続くと、
潜在意識が限界に達し、
「えーーーい!稼ぐことなんてどうでもいい!
両親を裏切らないようにしよう!」
と稼げる環境や仕事が出来ない状況を
自ら発生させ、稼げない自分になります。


そのとき何だかホッとするのです。


お金に困る両親を見て育ち、
稼げるようになりたい!と心の底から願い
努力もして、稼げるようになったけれど、
やっぱり、親が大事。
親の教育に沿った生き方へ戻った気がしてしまい、
ホッとします。



何だかね、、残念ですよね(;^_^A
それだけ両親の存在は、
子どもにとって大事だということですが、、
子どもの可能性を壊さないように、、、
したいものです。


このときに、お金に困るカルマがあるじゃん!
と思いきや、そうではないのです。

この場合、
お金に困るカルマではなく、
両親からの親離れのカルマがあるのです(*^-^*)

親から離れ、
親のためではなく、
自分のために生きていくことが出来るのか、
試されているんです(*^-^*)



では、両親のために頑張ったあとに
お金に困らないために、
どうするのか、、、書いていきます(#^^#)
大事なのはそこですよね(*^-^*)



子どもの視点で書きますね。
お金に困る両親の元で育ち、
稼げるようになるまでには、
両親への恩返しの思いがあり、
その思いが馬力になります。

または、両親には迷惑はかけられない!
という思いがあり、馬力になります。

なので、どんな努力も出来るのです。
何倍働いても疲れないし、
周りの評価ではなく、
親に褒められる、すごい!と
言ってもらえるまで、
頑張り続けます。


両親が出来なかったことをして、
褒められたいのです。

なので、
お金に困っていた両親に育てられた方に
成功者が多くいらっしゃいます(#^^#)


成功するまでは、その馬力を使います(#^^#)
両親を喜ばせよう!
両親をびっくりさせよう!
と思い努力したことは
技術としても力になります(#^^#)

そこから時間が進み、
稼ぎに陰りが見えてきたとき、
カルマを思い出しょう^^


カルマは、、、
お金に困るカルマではなく、
両親からの親離れのカルマがあります(*^-^*)

親から離れ、
親のためではなく、
自分のために生きていくことが出来るのか、
試されています(*^-^*)

思い出せないときは、
何故、お金に困ってきたのか
向き合っているうちに、
答えに辿り着きます(#^^#)


両親のために頑張った日々を
自分のために頑張る日々に変えていきます。

自分のために、、を軸にして、
この稼いだお金を誰かのために使いたい!
寄付しよう!という思いが湧いたら、
そうしてもOK!
そうだ!自分の家を建てよう!
と思えば、それもOK!
その時に、両親のことを切り離し、
自分のことを先に考えます。

親を救うために、
自分が存在するのではなく、
親から生まれた自分が
誰かを救うために、
自分が存在しています。

親を救うために生きるほど、
親は困っていく現実を創ってしまうので、
自分が親を救うのをやめることが
親を救うことになります。

親を好き!であればあるほど、
この親離れが出来ず、
親への恩返しでカルマを放棄します。

カルマをクリアしていないので、
人生がどんどん困窮してしまいます。


困ったときは、
歩み方の間違いがあることに気づき、
人生の軸を変えましょう!


お金に困り、
親から自立出来たとき、
過去に積み重ねた努力が息を吹き返し、
努力の成果を再度、受け取れます(#^^#)


そうして、カルマをクリアして、
お金に困らずに豊かに暮らせてから
家庭を創り、子どもを育てられたとき、
今度は子離れしていくことが
カルマにあることがあります。

子離れできないときには、
子どもが働かないという現象が起こります。
この場合も、カルマに気づき、
(向き合っていたら、気づきます 。)
子離れ出来ると、カルマをクリア出来、
子どもが働き出します(#^^#)


カルマはこんな風に、
お金を使って、学びを準備することはありますが、
お金自体がカルマということはないんです(*^-^*)



自分がお金に困っていたら、
お金を使って、自分の魂は何を伝え、
どんなカルマがあるのか知らせているのか、、
向きあってみましょう(#^^#)


いろんな答えが出るように、
次の記事からもいくつか、
参考例を書いてみたいと思います(#^^#)



と、いうことで、今回はこの辺で!
次週も楽しみにして頂けると
嬉しいです(*^-^*)

毎度、長い文になりますが、
最後まで読んで下さり、
ありがとうございますm(_ _"m)(#^^#)


また次週も、
お楽しみに〜!!
いつもありがとうございますm(_ _"m)(#^^#)

またね〜ヾ(*´∀`*)ノ♪





続きを読みたい方は
人生を変えたくなったときに読む、
言葉配達人あきのブログ2」
の2019年8月をご購読ください。




今月の記事は??こちら(#^^#)↓





それでは!また更新していきます(#^^#)

posted by 言葉配達人あき at 09:00| ブログ2からの転載記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする