ご訪問ありがとうございます(*^^*)
人生を紐解き未来を変える!


未来を変えるには、
1,未来を軸にする。
2,人生を紐解く。
3,実践する!

人生を紐解くために、
レイキ・カウンセリングを用いています^^
人生の紐解き方法とは?
カウンセリング&レイキヒーリング(直接・遠隔)の詳細は
癒しサロン「ふわわ」HPにて記載しています✨


*現在、ご予約が立て込むことがあります。
お早目のご連絡をお願い致しますm(_ _"m)

1回ずつのメニュー
レイキサポートメニューあります。

人生を紐解き未来を変える!
カウンセリング&レイキヒーリング(直接・遠隔)
お申込みフォーム

**
【基本的な流れのご説明】
お問合せ✉

あきからの返信

日時とメニュー決定!

カウンセリング&レイキ開始♪
**
●私、あきからのお返事が1週間経ってもこない場合、
迷惑メールに入っている可能性があります。
その場合は、迷惑メール解除を行い、再度ご連絡ください🎀


あなたとの出会いをお待ちしております

2016年12月26日

いじめを受けているあなたへ

☆。・。・★。・。☆・。・★・。
あきごころ訪問、ありがとうございます(^人^)感謝♪

※「1日1ラッキー」は、
私あきが寝たきりから立ち上がろうと
2009年4月2日から始まった言葉配信です。
現在は、元気な毎日を送っています

闘病記も一緒にご覧頂けると状況がよく分かります。


☆。・。・★。・。☆・。・★・。

♪今日の1日1ラッキーの言葉♪

『いじめを受けているあなたへ』
 



今、あなたが

いじめられているとしたら、

学校へ行く時間は

失ってもいいけど、

命だけは失わないで下さい。


どんな病があったとしても、

どんな障害があったとしても、

たくさんの奇跡が重なり、

生まれてきたあなたの命を

自分の意思、力、行動で

失わないでください。


もし、そのきっかけが”いじめ”

だったとしても、

自分で自分の命を失ってもいい。

という決まりはありません。


私たちは、いずれ

死に逝きます。

だからこそ、

自分の意思、力、行動で

その選択をしてはいけません。


学校が嫌なら、

行かなければいい。

休んでしまえばいい。

その休んだ日々が長くても、

あなたの命が守れるのなら、

休めばいい。


もっと「辛い、悲しい」

と言ってもいいし、

学校を休める子になってもいい。


命だけは、

自分で捨てないでください。


時間は過ぎます。

自分が過ぎて大人になったら、

うんと幸せになって、

幸せな命を迎えてください。



どんな環境、どんな状況で

生まれた命でも、

あなたの命も尊くて、

たくさんの奇跡が詰まった

命です。


いじめの痛みを知れたなら、

その命を大事に出来る

人間に、あなたはなれます。

そんなあなたの言葉、想いで

救われる命があります。

必ず、あります。


だから、

休んでもいいから

生きて、

命の尊さを知ってください。




過去でいじめにあった
私からの気持ちです🎀



⌒***
レイキヒーリングのお申込みはこちら!
(遠隔・直接可)

あきのレイキ&カウンセリング継続すると、、こんな効果があります
苦しい家系が逆転する!
幸せな努力が実を結ぶ!
ツイてくる♪
人生全体の運気が上がる!
人生が加速するため、夢が叶いやすくなる!
良い縁がやってくる!
仕事で困ることが減ってくる!
体調が良くなる!
などなど


⌒***
*無料レイキを受けたい方はコメント欄にニックネームと
期間をご記入下さい

本契約のレイキではないので、効果は薄れますが、
継続的にレイキを受け取ることでの変化が出てきます

⌒***
あきの執筆冊子集
愛への言葉〜心の底から愛される方法〜
潜在意識書き換えワーク付き。

ブログで試し読み♪
潜在意識を書き換えるワーク専用冊子
心の法則〜苦しみから解放される方法〜
ブログで試し読み♪
病気からの解放〜治癒への言葉〜
キレイに痩せるダイエットメニュー
ブログで試し読み♪
潜在意識を書き換えて、幸せな結婚へ導かれる方法

*冊子をコピーして送って欲しい方は、あきまでお問合せ下さい

☆。・。・★。・。☆・。・★・。

読んでくれて、ありがとう!
出会えたことに(^人^)感謝♪

今日も幸せな1日をお過ごし下さい







posted by 言葉配達人あき at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉の力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック