ご訪問ありがとうございます(*^^*)
難病,10年以上の寝たきりからでも完全回復✨

難病から立ち上がった秘訣は、
自分の心と向き合うというシンプルな方法でした❗
現在は、カウンセリングにレイキヒーリングを
加え、皆さまの心のサポートを行っています(*^-^*)


レイキ又はカウンセリングの予約ページ

HPはこちら✨
癒しサロン「ふわわ」
カウンセリング・レイキヒーリング(直接・遠隔可)を行っております。

***レイキヒーリング・カウンセリングの詳細***
あきのレイキ&カウンセリングの方針(HPへ進みます)
レイキヒーリングの受け方
レイキヒーリングでの注意事項
好転反応について。
レイキヒーリングについて「よくある質問」
レイキヒーリングはしてみたいけど、
何をしたらいいか分からない。という方へ

予約の変更・キャンセルの連絡


レイキ又はカウンセリングの予約ページ

家庭用・開業用レイキの資格取得を目指せます

エッセイブログでは
レイキのかけ方の詳細や心理学の深い部分を更新します

エッセイブログの人気の記事!(^^)!
🎀女性が強くなったとき、家庭は崩壊する。
🎀子育てが人生や恋愛・結婚に大きく関係している―男の子編―
🎀子育てが人生や恋愛・結婚に大きく関係している−女の子編ー

🎀子供は宿った理由を覚えている。
新記事から
🎀不倫の代償は大きい!?
🎀子供の安定は夫との関係で決まる!?


≪お知らせ≫
私、あきからのお返事が1週間経ってもこない場合、
迷惑メールに入っている可能性があります。
その場合は、迷惑メール解除を行い、再度ご連絡ください🎀


いつも応援クリックありがとうございます

人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル(プロ・アドバイザー)へ

2013年11月19日

キレイに痩せるダイエットメニュー:17、部分痩せの成功の鍵は?

こんにちは!あきですかわいい

第三弾!PDFファイル冊子
キレイに痩せるダイエットメニュー

をいくつかご紹介致しますかわいい

☆★☆☆★☆
基礎知識「部分痩せの成功の鍵は?」


部分痩せを希望する方、とっても多いです。

私もそうでした^^

ところで、

部分的に太るのは、何故だと思いますか?



実は、脂肪ってとっても大事な役割をしていて、

太っていることは不利なことだらけだと思ったら、

違ったんです。


脂肪は、私たちの体を守るためについてます。

部分的に太るのは、

その部分を脂肪で

守る必要があるからなんです。


何故、守る必要があるのでしょうか^^


答えは、、、


冷えているからです。


何故、冷えるのでしょうか^^


答えは、、、


捻れて歪んでいるからです。



これだけでは分からないので、

解説していきますね(*^-^)ニコ



もし、お腹だけに脂肪がつき、足は細い場合、

おそらく背骨のお腹辺りの骨が、

長年の習慣やしりもちや、怪我等で

捻れて歪んでいます。

骨が捻れて歪むと、筋肉は張り、緊張状態になります。

そのまま骨の歪みや捻れが直らないと、

筋肉は、骨を支えるため、

そのままずっと張ったままになります。

ずっと張ったままの筋肉は、伸び縮みしないため

熱を発生させることが出来ません。

そのため冷えてきます。

冷えると、大事な血管も臓器も冷えてしまい、

命を支える機能に支障が出ます。


そうならないために出てくるのが”脂肪”です。

体が冷えないように、脂肪で覆い、

筋肉や血管、臓器を温めます。

そうして、脂肪がつきます。


すぐに戻ればいいのですが、

私たちは、歪みに気づかずに生活しているので

すぐに戻ることは、それほどありません。


そのまま脂肪のみで終わればいいのですが、

そうもいかないのが体です。


やがて、縮んだ筋肉と脂肪の間に、

老廃物や水分が溜まります。

これがセルライトや浮腫みなんです。


そうして、捻れ歪んだ部分は、

段々と大きくなっていきます。



じゃぁ、どうしたら、部分的に太った部分は

痩せていくのでしょうか?^^



本格的整体に行けばいいのですが、

行けない・・・という場合、


まず、部分的に太った部分を

意識的によく動かすようにしましょう!

特に捻りの運動を加えます。


ただし無理はせずに、ゆっくり、

体と相談しながら動かします。

-----------------------------**
<お腹が太っている場合>

ストレッチのように、左右にゆっくり捻ります。

立ったままでも、座ったままでも構いません。


左右の次は前後です。

ストレッチのように、体を前に倒して、

次に後ろに倒します。

ゆっくり呼吸を行いながら、無理せずに、

体と相談しながら動かします。


これで、ゆっくりですが、捻れが取れ、

お腹に溜まった脂肪と水分が流れていきます。


<足が太っている場合>

開脚運動、足の裏の筋伸ばしをゆっくり行います。

立ったままでも、座ったままでも構いません。

足を開き、体をゆっくり前に倒します。

足を閉じ、体をゆっくり前に倒します。

その際、骨盤をしっかり前に立たせるため、

両手でお尻を持ち上げ、ストンとゆっくり

落としてみて下さい。

骨盤が正常な位置に戻ったら、

開脚がしやすくなります。


そして、次に捻りの運動ですが、

片足ずつ行います。(まず右から。)

立ったまま、右足を前に伸ばし、

そのまま、右足をななめ後ろに持っていきます。

後ろに足を止め、30秒キープしましょう。


ポイントは、少し、骨盤が斜めになって

ウエストと骨盤の部分が、捻れていることです。

右足が終わったら、左足も同じように行います。


この運動も無理をせず、ゆっくり行います。


<二の腕の場合>

後ろに手を伸ばし、伸ばしたまま手を

バイバイさせます。

日常生活で、肩をよく動かすように

意識してみましょう。
-----------------------------**

先ほども書きましたが、脂肪は決して悪者ではなく、

私たちの体を守るためについています。

その脂肪の声を聞いて、体の中の

筋肉が張っている部分、

体が捻れている、歪んでいる部分を知り、

意識的に捻れや歪みを解消し、

筋肉を正常に働かせてあげましょう!


筋肉が正常に働けば、体も冷えることなく、

脂肪も水分も溜まる必要がなくなります。


部分太りも、体のサインだったんです^^


脂肪の声に耳を傾けて、体の声を

聴いてみて下さい^^

体の声を聞いた分だけ、無駄な

脂肪は減っていきます。


でも、減らしすぎないでね( '∇^*)^☆♪


○・。〜購入する〜。・○


目次
1、 基礎知識:体は自分で造る
2、 基礎知識:受け入れる、それでいいんだよ
3、 基礎知識:脳のトリック
4、 基礎知識:まずは認識
5、 基礎知識:何故、300kcal?
6、 基礎知識:きっかけ何だろう?
7、 基礎知識:足痩せするには?
8、 基礎知識:足の指、使ってる?
9、 基礎知識:何故、脂肪はつくの?

10、 基礎知識:筋トレをすると
11、 基礎知識:無理をすると訪れる
12、 基礎知識:書く作業
13、 基礎知識:行動を変える
14、 基礎知識:夜食症候群
15、 基礎知識:身体を創る食事
16、 基礎知識:ジグザグに進む
17、 基礎知識:部分痩せの成功の鍵は?
18、 基礎知識:決意が体型を変える
19、 基礎知識:心を見る

20、 基礎知識:稀なX脚
21、 基礎知識:ダイエット中のカロリーは?
22、 基礎知識:前の習慣に戻ろうよ〜
23、 基礎知識:食べる理由
24、 基礎知識:70日
25、 基礎知識:何故、太る?何故、太れない?
26、 基礎知識:お粥は痩せる・・・ウソ?ホント?
27、 基礎知識:慌てない、淡々と
28、 基礎知識:体重が重いときは運動中止
29、 基礎知識:変わったと実感するときがくる

30、 基礎知識:肥満要因チェック!
31、 基礎知識:おまじない
32、 基礎知識:オリーブ油に注目!
33、 基礎知識:ダイエット本
34、 基礎知識:信じるかは、あなた次第
35、 基礎知識:体重のコントロール
36、 基礎知識:まだ体重が減らない!?
37、 基礎知識:停滞期について/お腹がすく場合は
38、 基礎知識:食べ過ぎ防止術
39、 基礎知識:生活チェック/見直し−その2−

40、 基礎知識:繰り返し
41、 基礎知識:どれか一つを
42、 基礎知識:どうしても体重が減らないとき
43、 基礎知識:週末に注意!
44、 基礎知識:まずは信じること
45、 基礎知識:運動の挫折を越える
46、 基礎知識:歩数の記録の仕方
47、過去の思考や感情を消して、
新たな思考や感情を入れるワーク −ダイエット編―
48、潜在意識を書き換えるワーク ーダイエット編―
49、おわりにー簡単なイメージワークの紹介―
・自分の体型、体重のイメージがどうしてもぬぐえないとき、
・人生の流れを穏やかにする。
・グリーンの光で体を癒す。

○・。〜購入する〜。・○


最後まで読んでくれてありがとう(^人^)感謝♪

今日も幸せいっぱいの一日となりますように!
posted by 言葉配達人あき at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | PDF冊子:ダイエット成功の秘訣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック