言葉配達人あきは癒しサロン「ふわわ」にて
レイキヒーリング・カウンセリング(直接・遠隔可)を行っております。

***レイキヒーリング・カウンセリングの詳細***
HPあきのレイキ&カウンセリングの方針
レイキヒーリングの受け方
レイキヒーリングでの注意事項
好転反応について。
レイキヒーリングについて「よくある質問」
レイキヒーリングはしてみたいけど、
何をしたらいいか分からない。という方へ

予約の変更・キャンセルの連絡


うまくいかなかった人生の​歯車が好転していきます
レイキ又はカウンセリングの予約ページ

家庭用・開業用レイキの資格取得を目指せます

エッセイブログでは
レイキのかけ方の詳細や心理学の深い部分を更新します

エッセイブログの人気の記事!(^^)!
🎀女性が強くなったとき、家庭は崩壊する。
🎀子育てが人生や恋愛・結婚に大きく関係している―男の子編―
🎀子育てが人生や恋愛・結婚に大きく関係している−女の子編ー

🎀子供は宿った理由を覚えている。
🎀好きなことや引き寄せより、自分の立ち位置を確認する。


≪お知らせ≫
「ふわわ」からのお返事が1週間経ってもこない場合、
迷惑メールに入っている可能性があります。
その場合は、迷惑メール解除を行い、再度ご連絡ください🎀


現在、妊娠中のため店舗のご予約を1日1件へ変更していきます。
「ふわわ」店舗を出産準備&出産のため、
2017年8月20日〜10月30日まで
お休み致します。

ご協力をどうぞ、よろしくお願い致しますm(_ _"m)
遠隔のお客様にはお休みはなく、継続できます(*^-^*)



いつも応援クリックありがとうございます

人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル(プロ・アドバイザー)へ
🎀お陰様でランキング1位となりました

2013年06月19日

問診表の書いた経過2


こちらからの続きです。経過1




○●○●あきのこれまでの経過2○●○●


16歳
いくら体調不良で検査をしても異常が出ないので、
体調不良のまま頑張り続けていたら、16歳で突然
体が動かなくなり、倒れた。

・倒れる前は、いままでの症状にプラスして飛蚊症が酷かった。

病院に連れていかれ、症状がよくならなかったため、
翌日から入院。
数日の検査後、重症筋無力症の疑いとのことで
隣の県の病院を紹介される。

17歳
隣の県の病院に入院。
検査をしたが、血液に反応がなく原因不明とのこと。
更なる検査が必要とのことで、K大学病院を紹介される。
ベットの空き待ちのため、マイテラーゼという薬を処方され、退院。

自宅に戻ったが、薬の影響か、体調が一気に悪化。
数ヶ月で水が飲めなくなり、ご飯も食べられなくなる。
副作用に苦しみ、目も開けられなくなり、衰弱。

入院していた時の先生(薬を処方した先生)に
何度も問い合わせたが取り合ってもらえず。
先生からの連絡を待っていたら、命が持たないと判断し、
両親、おばに付き添われk大学病院の近くの市民病院に行く。

市民病院に着いたら、状態が悪かったのか、翌日
K大学病院への転院が決まる。

翌日、k大学病院に転院。
点滴をしてもらい、すぐに免吸着という治療をした。

(脱水症状が酷く、首の血管に管を入れる処置に3時間かかる
 通常は30分)

マイテラーゼを止める。
一命を取り留めた。

18歳、19歳
ステロイドによる治療や色んな治療をするが、良くならないため、
精神病と言われる。
教授に「いい加減仮病なんてやめなさい」と言われる(回診の時)

19歳
病院から見捨てられる。
薬を全て取られ、一気に悪化。
(飲んでいたステロイドを1週間で無くした。
体がついていかず、体調悪化)

自分では動けない。首も持てない状態。
それでも、医者は助けてはくれなかった。

島から両親が呼ばれ「あなたのお子さんは頭がおかしい」と
大勢の医者に囲まれ、言われる。

K大学病院を自主退院。
両親に担いで、家に連れてもらう。(船24時間かかる)

帰るときに主治医に
「あんたたち家族を救う人なんていない」と言われる。

自宅に戻ったが体調は悪く、自分で動けず寝たきりになる。

動けないことや、体の痛みに加え、息苦しさ、
熱が下がらない(39度から下がらず)ため、
k大学病院に助けを求めたら、
「そんな患者いません」と電話をい切られる。

20歳
体調が悪く、治りたい一心で、意を決し、
KM大学病院に連れて行ってもらう。

これまでの経過が長いので、紙にまとめて行ったら
「頭がおかしい」と言われる。

数ヶ月入院したが、結局、K大学病院から
資料を送ってもらい、読むなり「精神病」と言われ、
説明もなく、様々な薬を飲まされる。

説明があったのもあるが、全て専門用語で話し、
「飲めばわかる」と言われた。

3日間眠らされたこともあった。
この頃は、嘔吐が止まらず、薬を飲むと嘔吐した。


不信感を抱き、自主退院。

KM大学病院からの帰りに紹介状を地元の病院に持って
行くよう言われ、地元の病院に持って行ったところ、
精神病で治療はしなくてよい、と書かれていて、その後、
どんなに具合が悪くても、熱でも息苦しさでも
痛みでも、地元の病院では診てもらえなくなった。


KM大学病院の主治医に問い詰めたところ、
実験段階の薬を使っている、、と言われ
次に入院するなら、精神科のおりの中だと言われた。


長いので分割します。


参考になる人もいると思うので、よーく読んでね( '∇^*)^☆♪

こんな状態からでも元気になれる!

今、具合の悪い人!諦めないで!

必ず、転機は訪れます!



何故、噛み合わせ治療に挑むかと言うと、、、

こちらの記事を読んでね!


読んでくれて、ありがとう!
出会えたことに(^人^)感謝♪
posted by 言葉配達人あき at 17:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 噛み合わせ治療体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に病院は、ひどい事言いますね。


今のドクターはよく話を聞いて下さる方も多いですが、昔は横暴でも成り立ってた(笑)

私も昔から歯が弱く体調が優れず、、、。

色々調べたら杉田穂高先生にたどり着きましたけど、色々謎過ぎて怖くて。特に料金が!

これから読み進んで行きますけど、とりあえず一言。今までお疲れ様でした!




Posted by ぶん at 2016年09月09日 09:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413977621

この記事へのトラックバック